This page振袖の魅力 TOP

振袖のあれこれ

振袖といえば、最初にどんなイメージが浮かぶでしょうか。成人式や結婚式の晴れ着として、若い女性が華やかに着こなしていると、日本人ならではの艶やかな魅力が溢れているのを感じるものです。
振袖は、未婚女性の和服の正装であり、袖の「袂(たもと)」が長いのが特徴です。既婚女性の、裾に模様のある黒留袖や色留袖、また訪問着などに相当する礼装として、一般的に認識されています。日本人なら、成人式に振袖を着たという女性はかなり多いのではないでしょうか。
また、結婚式の参列や自身の結納に着る例もあるほか、最近は洋装が一般的な卒業式や謝恩会、パーティーなどに着ていくと、周囲の視線を釘付けにし、主役級の注目を集めることでしょう。テレビのニュースで、証券取引所の発会式に、職員の女性が振袖で華を添えている光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

出産祝いの贈り物ガイド ピアノ教室 天気 シミ取り しわ取り 通販 クラウド チームビルディング研修 古本買取のぶっく買取.com カイロプラクティック まつげエクステ名古屋 ハードディスク修復

また、一般女性の晴れ着以外では、舞妓さんの可愛らしい装いや、演歌歌手もステージ衣装として着るのをよく目にします。

最近では、年配の女性や和服が好きな人を除いては、着物を着る機会がほとんどない人の方が多いことでしょう。成人式や結婚式など晴れの場に、華やかな振袖を着たいと思っても、どんなものを選べばよいか、小物は何が必要か、また着付けもできないし、と不安な点が多く、つい尻ごみしてしまう場合もあるかもしれません。そんな時には、和服販売会社や振袖レンタル業者のサイトなどが、着物に初めて触れる人にも分かりやすく親しみやすいように、丁寧な解説を設けているページがあるので、参考にするとよいでしょう。

振袖と成人式

振袖と言えば成人式、成人式と言えば振袖、という構図が即座に頭に浮かぶくらい、この二つの言葉は密接な関係にあります。大人への門出を祝う晴れの成人式に、華やかな振袖をまとった女性たちの艶やかな姿・・・そんな光景を、誰もがテレビのニュースなどで目にしたことがあるのではないでしょうか。成人式に振袖を着るようになった由来については、諸説いろいろありますが、長い袂が「厄を振り払う」とも言われています。

普段着物に触れる機会がほとんどない人には、成人式に振袖を着たいと思っても、選び方から小物、ヘア、着付けなど、分からないことだらけで戸惑ってしまうのではないでしょうか。背の低い人はシンプルな柄を、身長がある人なら大柄の派手目なものを選ぶとよいと言われており、色にも毎年流行があるようですが、迷ってしまう場合は呉服店やレンタル業者の経験豊富な店員に相談するとよいでしょう。

レンタルか購入かについては、一番難しいポイントかもしれませんが、それぞれのメリットデメリット及び予算と併せて、じっくり検討することが必要です。 振袖を着る際に必要になる小物類、また外出する際に必要なバッグや草履なども、レンタルや購入の際に一緒に相談しておけば間違いないでしょう。着付けに関しては、ヘアメイクと合わせて美容院に予約を入れておくのが一般的です。ただし、地元の新成人が一堂に会する成人式当日、美容院も大勢の着付けとヘアメイクに大わらわです。早めに予約を入れたつもりでも、着付けの時間が前日の夜中や明け方だった、ということも珍しいことではありませんので、こればかりは覚悟しておいた方がよさそうです。

成人式の振袖、レンタル?購入?

日本人女性で、成人式で生まれて初めて振袖を着る、という人は非常に多いのではないでしょうか。成人式に着る振袖をレンタルするか、購入するかについては、多くの女性がかなり迷うところです。それぞれのメリット、デメリット、成人式後の活用予定など、様々な事情を考え合わせて検討してください。
振袖レンタルのメリットは、やはり料金面でも、保管やお手入れの面でも手軽なことに尽きます。
未婚の女性の正装である振袖は、既婚や子どものいる女性が着るのはマナー違反とされており、振袖を着るのは人生で成人式ただ一度きり、という人がかなり多いようです。
それなら気軽なレンタルが一番、と考える人にはレンタル振袖が最適といえるでしょう。デメリットとしては、個人の体型に合わせて作られていないことや、まれに成人式会場で他の人と全く同じ色柄だった、などという失敗談もあるようです。

振袖を購入するメリットは、一生に一度の記念を手元に残せるだけでなく、その後もお呼ばれや結納など晴れの場に何度も利用できること、さらに娘や孫などにも長く受け継いでいけることなどがあります。

また、本人の背丈や体型に合わせて仕立てる、世界にひとつだけの一着なので、やはり着た時の姿が群を抜いてきれいなのも魅力です。ただ、反物を仕立てるには数か月から半年かかる場合もありますので、成人式直前ではなく早いうちから準備を始めることが必要です。また、振袖に限らず着物は、一着仕立てるのにそれなりの値が張るものですし、着付ける際に必要な小物類、また一緒に持ち歩くバッグや草履、ヘアアレンジに使う髪飾りなども併せて用意する必要があります。お手入れや保管についても、十分な知識とケアが不可欠ですので、それらについて十分理解した上で、購入するかレンタルするかをじっくり検討するとよいでしょう。